プライシング事業

全国の下取り車に価格をつける

ディーラーが下取を行う際、査定価格の算出(以下「査定」という)に際して、当社ではセールスの依頼を受けてAA相場をもとにした査定価格を提供する事業を行っており、これを「プライシング」と呼んでいます。自社でプライシングを行っているディーラーも数社ありますが、大部分のディーラーが当社のプライシングをご利用いただいております。市場価格の変動をタイムリーに反映した査定を素早く正確に行うことで、新車販売のサポート部隊として大きな役割を果たしています。

業務の流れ

ディーラーからプライシングの依頼を受けると、車種や年式、走行距離、装備品などの情報とオークション相場のデータを照らし合わせながら、参考となる査定価格を算出します。依頼や回答は専用のプライシングシステムを通して行われ、スタッフはスムーズに確認・返答ができるようになっています。多いときは1日に1000件ほどの依頼をこなすこともある忙しい部署ですが、時には旧車や高級車の査定依頼もあり、そうしたレアな車両の画像を確認しながらの査定は、クルマ好きな私たちにとっては楽しみのひとつとなっています。

この仕事の魅力

業界の基礎知識が自然に身につく部署です。
プライシングセンターは新入社員が最初に配属されることが多く、これは当社業務の基礎的な知識、業界人としての感覚を身につけるための早道になっています。毎日多種多様な車両を査定し続けることで、車種や装備品などの基礎知識が頭に叩き込まれていきます。自分がつけた査定価格についての質問がディーラーから寄せられた場合には、その根拠を明確に答えられなければなりません。 そうした経験を経ることで、自動車業界、特に中古車業界の基礎的な知識が身につく部署となっています。

この事業の先輩インタビュー

他の事業のご案内

中古車の仕入及び販売

オークションの運営

中古車商品化用品の販売

中古車市場調査